コミュニケーションが命を救う

怒りやネガティブな感情に振り回されない自分づくりのお手伝いをする

アンガーマネジメントコンサルタントの財津ユカですクローバー

 

不審者に連れ去られそうになった11歳の少女が鮮やかなやり方で撃退したことが

アメリカで話題となっているそうです。

アリゾナ州ピナル郡の保安官事務所のFacebookによりますと

 

少女が友達と自宅の近所を歩いてたところ、

SUVに乗った男から声をかけらました。

その男は少女に「君の兄弟が大変な事故に遭ったので、一緒に来てほしい」と告げました

少女が「合言葉は?」と尋ねたところ、

男は答えられず、その場を立ち去ったそうです。

 

保安官によると、

少女の両親が、娘が知らない人から声をかけられたとき、

家族の間でしか通じない合言葉を用意していたのだそうです。

 

保安官は、こうした事前の予防策について

「称賛すべきことです」と褒め称えた上で、

ご両親の皆さんには、今回のようにあらかじめお子さんと話し合っておくことをお薦めします

と続けています。

 

 

なるほど~

これは素晴らしいことですねキラキラ

 

今企業の中で

新人が社内ですれ違ったお客様に挨拶しないという悩みが起きています汗

このことについて皆さんはどう思いますか?

 

「お客様に挨拶しないなんて失礼だ」と思う方が殆どですよね

この時のべきは「お客様にはちゃんと挨拶するべき」

 

では新人はなぜ挨拶しなかったのでしょうか?

それは「知らない人だったから」

この時のべきは

「知らない人と挨拶するべきではない」なんです。

 

どういうことかと言いますと・・・

不審者が多い今、家族が子供を守るために「知らない人と話してはいけない」

と教えているからです。

マンションの住人とも挨拶しないということも増えている今
普通にすれ違う人と挨拶していた
私たちの子供のころと環境が大きく変わっているのです
私たちの当たり前が当たり前ではない今
目に見える現状だけで判断するのではなく

しっかりとコミュニケーションをとる事が大切です。

あなたがイラッときた相手の言動には実は理由があるのかもしれません。

 

まずは理由を聞いてみるところから

始めてみませんか??

 

 

関連記事

  1. 本音の会話

  2. 環境の変化と三重丸

  3. あなたとあなたの大切な人の為に

  4. SNSは連鎖しやすい!

  5. JKから学ぶ事

  6. 「する」「しない」あなたの決断は?

  7. 円滑なコミュニケーションの為に

  8. 個人レッスン