自分も周りも苦しめないために

元貴乃花親方の離婚問題が

連日芸能ニュースを賑わせています

 

 

23年間の結婚生活にピリオドを打った

元貴乃花親方と

元フジテレビアナウンサーの河野景子さん

 

卒婚などと言われていますが

 

離婚の理由は息子さんの活動に関して?

景子さんの女将さん業より

講演業に力を入れていいたことに不満?

などと色々言われていますが

この件をアンガーマネジメントの立場で考えてみますと

 

べき(価値観)の強さ

にあると思います。

 

元貴乃花親方の一連の言動を見ますと

「相撲道」

という言葉がよくでてきます

この道というのはべき

少し近いところがあります。

 

アンガーマネジメントをお伝えする

私のブログでは

このべきという言葉がよく登場します。

 

あえて何度も言いますと

このべきが悪いという事では決してないんです

 

相撲の道を究め

相撲の世界に生きてきた元貴乃花親方にとっては

沢山のべきがあったのだと思います。

 

ただ、頂点を極めた元貴乃花親方のこのべきが

ちょと周りを苦しめているいうな気がしますえーん

そんな世界なんだ

と言ってしまえばそれまでですが

 

急激に変わるこの時代

自分の当たり前が当たり前ではなくなってきているこの時代

 

そんな中でべきを貫くことが

とても難しくなってきている気がします

 

親兄弟とも距離を置き

家族や弟子とも離れ

協会からも離れ

 

なんだかテレビに映る元貴乃花親方が

少し切なく感じますぐすん

 

自分に厳しく頂点を極めて理想を持った

素晴らしい人である事には変わりないと思うのですが

 

あまにりに周りにも自分と同じレベルを求めすぎているような

そんな気がします。

 

べきが強い人は

不満が大きくなり

常にイライラして

周りも自分も傷つけてしまいます

 

自分のべきを変える必要はありませんが

ちょっとだけ相手のべきにも関心をもってみませんか?

関連記事

  1. 来年度の中学の道徳の教科書にアンガーマネジメントが採用される!

  2. アンガーマネジメントとは?